10万円以下のノートパソコンは買いか?

 NEW Lalalaland トップ > 10万円以下のノートパソコンは買いか?
10万円以下のノートパソコンは買いか?

【10万円以下のノートパソコンについて】
以前は実売価格が20万円台だったノートパソコンが、最近では数万円~10万円で購入できる時代になりました。しかしながら、まだまだノートパソコンはデスクトップパソコンと比べて割高で、10数万円~20万円代と思っている人も多く、10万円以下のノートパソコンは「安かろ、悪かろ」のイメージがあるのも事実です。このコーナーでは、そんな低価格ノートパソコンについて解説します。

【結論は、どうなのよ?】
最終的には購入者の判断になりますが、個人的には購入価値は高いと思います。現在販売されている10数万円~20万円台のノートパソコンの性能と比較すると、価格差があるぶん性能が落ちるのは当然ですが、文書作成、事務処理、Webページ閲覧、メールチェックなど普通の作業をするだけなら、10万円以下のノートパソコンのほうが経済的とも言えます。

Windows95/98時代のノートパソコンと比較したら、現在の10万円以下のノートパソコンのほうが格段にスペックは上です。価格は安く、性能は高くなっています。安いパーツを利用することによって低価格にしているのではなく、技術の進歩によって結果的にノートパソコンの価格が下がったと見るべきでしょう。

ここで1つ疑問になるのが、「では、なぜ現在も10数万円~20万円代のノートパソコンが存在するのか?」ということですが、それは新たなニーズが生まれ、それを実現するためにはそれなりの性能と価格になるということなのです。テレビチューナー内蔵、テレビ録画機能、動画編集、大容量のデータ保存……etc。人それぞれの考え方ですが、普通にパソコンを利用するだけなら、こんな機能なんてなくてもいいようなものばかりです。また、必要になったら、必要なものをオプション品として購入できるものばかりなので無駄な機能かなぁ……と個人的には思います。

【10万円以下のノートパソコンの性能はいかに】
10万円以下のノートパソコンの性能、つまりスペックについて解説します。

★ハードディスクドライブの容量
ノートパソコンに搭載されているハードディスクドライブ(以下「HDD」)の容量は、Windows95なら2GB、Windows98なら4Gでも、初期の頃は大容量と言われていました。しかし、現在では100GBや200GB搭載も珍しくありません。ですから、10万円以下のノートパソコンのHDDの容量が30GB~40GBであっても、Windows95/98時代の10倍~20倍の大容量のHDDを搭載しているわけですから、これでスペックが低いとは言えないことがわかると思います。

★ビデオメモリ
チップセット内蔵のビデオメモリにしても、最近のインターネットのブローバンド環境によるオンラインゲームを意識してか、10万円以下のノートパソコンであっても64MB~128MBになっています。

★CPUの処理速度
CPUの処理速度を示す「クロック周波数」も、Windows98時代の数倍前後の1.5GHz前後になっており十分過ぎるほど満足できる性能です。

「ハードディスクドライブの容量」「ビデオメモリ」「CPUの処理速度」だけしか説明していませんが、10万円以下のノートパソコンだから「安かろ、悪かろ」ではないのです。パソコンに詳しくないと、知らないメーカーもあるので半信半疑の部分もあるでしょうが、ソニー、エプソン、Lenovo(旧IBM)……etc、名の知れた老舗のパソコンメーカーでも10万円以下のパソコンを提供していることから現在のパソコン事情というものが類推できるのではないでしょうか。

【購入にあたって注意したい点】
10万円以下のノートパソコンであっても性能が落ちるわけではないことが理解されたと思いますが、ただし、実際に購入する場合には、やはり注意すべきことはあります。

★購入目的をはっきりさせる
それは、自分が「何をするためにパソコンを購入するのか」ということです。安くても性能はいいからと言って「なんでもできるわけではありません」。目的によって、最低限必要な機能、不必要な機能、気にしなくてもいい機能などを考慮しないといけません。

★仕様変更(カスタマイズ)
低価格機を取り扱っている直販メーカーでは、自分好みの仕様に変更できることが多いので必要に応じてスペック変更するとよいでしょう。パソコン購入時の仕様変更は割安料金になっているので利用するとよいでしょう。機種によりますが、基本仕様を自由に変更できる場合は、いらない機能はつけないか、最低価格のものを選択し、必要な機能を充実させて購入価格を調整するのも一考です。

★メモリー
最近はかなり少なくなりましたが、たまーに、パソコンの仕様でメモリーが「128MB」という機種がありますが、搭載されているOSが「WindowsXP」であれば「最低でも256MB」予算に余裕があれば「512MB」程度はほしいところです。実体験をお話すれば、確かに「128MB」でも動作しますが、OSをそのままの設定で利用すると「最低256MB」ないと動作がかなり重くなります。WindowsXPが発売された当初、Windows98SEやMe環境だったパソコン(メモリが64MB)にインストールすると、カクカクカク……と非常に動作が重かったことがありました。128MBだと動作は軽くなりますが、負荷のかかる作業をさせると、やはり動作が重くなるので「最低256MB」は絶対に必要です。安定動作ということを考慮するなら、できれば512MB搭載にすべきです。

また、2007年1月に発売された新OSの Windows Vista を搭載した10万円以下のノートパソコンもでまわっています。「Home Basic (ホーム・ベーシック)」と「Business (ビジネス)」各エディションは512MB「Home Premium (ホーム・プレミアム)」は1GBを最低限の搭載メモリーとしていますが、予算に余裕があれば、全てのエディションにおいて1GBは搭載するのが無難です。

★無線LAN
無線ルーターを所有していない場合は不必要です。ADSLや光回線になった時、無線ルーターでセットになっている製品も多いので大丈夫です。

★バッテリーの駆動時間
モバイル端末として持ち歩かなければ、電源コードを利用して使うので気にしなくてよいと思います。機種の違いによって標準駆動時間の差があるものの、たいした違いはなく、体験的なお話になりますが、かなり違うように見えても、バッテーの充電状態や寿命でたいした差がなくなるので気にしなくてよいと思います。

★液晶ディスプレイの大きさと解像度
ノートパソコンで「14インチ」以上あったら十分です。「12.1インチ」はけっこう画面が小さいので注意してください。モバイル用と思ったほうが無難です。解像度は「1280×768」以上なら十分です。

Windows Vista パソコンに関しては、画面右側にガジェットというアクセサリソフトを置くエリアを設けるなど、ワイド液晶でより使いやすい設計になっているため、業界の流れとして「ワイド液晶」が主流になっています。しかしながら、当サイト管理人の個人的見解としては、これは好みの問題で、ガジェットはかなりメモリを消費しパフォーマンスに影響するため、パソコンをサクサク動作させたい人にとっては邪魔なだけなので、ガジェットを消して利用するのであれば、あまりワイド液晶にこだわる必要はないと思います。これは人によって意見の分かれるところです。

★付属ソフト
これは好みの問題になってしまいます。詳しい仕様を確認すると付属ソフトがいくつかついています。いろんなソフトがついていたほうがいいと思いがちですが、10万円以下のノートパソコンの付属ソフトの数は購入検討材料にはなりません。本体価格をおさえている分、ソフトはあまりいいのがついていません。購入するお店によっては、メモリーや特定のソフトが割安になるキャンペーンを実施していることが多いので購入先を十分検討するとよいでしょう。

★ネットゲームをする場合
「ファイルナファンタジー」や「リネージュⅡ」などのネットゲームをする場合は、推奨環境の高スペックのデスクトップパソコンを選ぶべきです。10万円以下のノートパソコンだからできないというわけではなく、パソコンに搭載されているビデオメモリやグラフィックボードによっては、ゲームそのものが動作しない場合も多いからです。

購入検討の参考になれば幸いです。

■10万円以下のWindows Vista搭載ノートパソコンについて
高いハード・スペックを要求するWindows Vistaパソコンの販売価格は、なかなか下がりませんが、ハード構成を工夫し、各メーカーから、10万円以下のWindows Vista搭載ノートパソコンは提供されています。

10万円以下と言っても、文書作成、事務処理、インターネットでWebページ閲覧、メールチェックなど普通の作業をするだけなら、十分な性能であり、経済的と言えます。

ただし、パソコンをサクサク動作させたい場合や、Windows Aero(エアロ)を動作させたい場合は、OSのエディションにかかわらず、メモリー容量は最低1GBを搭載してください。

OSのエディション選択に関しては、「Vistaのベストな使い方」コーナーの「Windows Vista の基礎知識」の情報を参考にするとよいと思います。

【価格帯別最新情報】

★随時更新された10万円以下のノートパソコン最新情報は以下で確認できます★

【2万円台ノートパソコン】最新情報はこちら(2018年11月9日更新)

【3万円台ノートパソコン】最新情報はこちら(2018年11月9日更新)

【4万円台ノートパソコン】最新情報はこちら(2018年11月9日更新)

【5万円台ノートパソコン】最新情報はこちら(2018年11月9日更新)

【6万円台ノートパソコン】最新情報はこちら(2018年11月9日更新)

【7万円台ノートパソコン】最新情報はこちら(2018年11月9日更新)

【8万円台ノートパソコン】最新情報はこちら(2018年11月9日更新)

【9万円台ノートパソコン】最新情報はこちら(2018年11月9日更新)



クリックするとこのページをお気に入りに追加できます。
<< New Lalalaland のトップに戻る >>

New Lalalaland メインメニュー